• ホーム
  • 前頭部の薄毛をプロペシアで治療・サロンの特徴

前頭部の薄毛をプロペシアで治療・サロンの特徴

男性型脱毛症の治療で標準的な方法が、内服薬や外用薬を用いたものです。安全性が高く、実績のある治療方法とあり、世界中で利用されています。
この標準的な治療方法で用いられるのが、プロペシアという内服薬です。フィナステリドという成分が含まれており、高い発毛効果が得られるのが特徴です。
医師の処方が必要な医薬品ですので、ドラッグストアなどでは販売されていません。薄毛改善のサロンなども存在しますが、サロンでは医療行為を行うことができませんので、プロペシアが使われることはありません。サロンではプロペシアに似た作用を持つ成分などを駆使して、発毛のしやすい頭皮に整えてくれます。処方の必要がない成分のみに限られており、副作用の心配がないのが、サロンで改善を目指すメリットになります。
ですが、確実性を求めるなら、まず初めに医療機関で薄毛治療を行うのがおすすめです。血液検査などを駆使して、患者それぞれに適した治療方法を導き出してくれます。
プロペシアは男性型脱毛症に対する改善効果が得られますが、男性型脱毛症の特徴について、理解を深めておくと、早期治療に役立ちます。
男性型脱毛症はAGAと呼ばれており、前頭部、もしくはつむじ付近から薄くなっていく傾向があります。額が広くなったと感じるのであれば、前頭部の薄毛の症状が進行している可能性がありますので、注意しましょう。
しかし、未成年の場合には成長に伴い、前頭部の生え際部分の毛の生え方が変わることがあるため、この時点でAGAを疑うのはまだ早いといえます。とはいえ、AGAは10代からも発症する例が存在しますので、油断しないことが大切です。心配であるなら、専門の医療機関で検査を受けることをおすすめします。