• ホーム
  • ヘアマッサージよりもプロペシアで軟毛化を改善する

ヘアマッサージよりもプロペシアで軟毛化を改善する

軟毛化が確認できる場合にヘアマッサージで対策をされる方もいることでしょう。
薄毛対策としてマッサージをするのは有効とよく言われていますし、効果的なマッサージ方法なども紹介されていることがあります。

ところでヘアマッサージにはどういった効果が期待ができるのかと言えば、殆どのマッサージは血流を良くするのが目的です。
血流が悪くなってしまうと毛根に栄養が行き渡り難くなり、その結果、髪の毛が弱くなることもありますので血行の促進は大切なことです。
そして血流が悪くなっているのが原因ならばヘアマッサージをすることで多少は改善される可能性もあります。
しかしながらヘアマッサージ程度ではそこまで血流が良くなる可能性は低く、また、やり方によっては却って頭皮に良くありませんので薄毛リスクを高めてしまう恐れもあるのです。

そもそも軟毛化している場合は男性型脱毛症の可能性があります。
成長期が短くなる脱毛症ですが、成長期が短縮されたことで髪の毛も育たなくなり軟毛化してしまうのです。
そして男性型脱毛症が原因の場合ですとヘアマッサージで対策をしてもほぼ意味がないと言えるでしょう。
血行の良し悪しの問題ではなく脱毛物質の存在がこの脱毛症の原因ですので、血流を良くしたとしても改善することはありません。

男性型脱毛症が原因の場合はプロペシアで対策をするのがセオリーです。
プロペシアは脱毛物質を抑制する為の薬であり、脱毛を予防して発毛を促す為にも有効です。
そしてこの薬こそが男性型脱毛症を改善する為の大きな力になってくれ、その効果は臨床試験でも明らかになっています。
薬を利用してこそ回復の可能性が出てきますので、軟毛化した時にはヘアマッサージよりもプロペシアの利用を考えた方が良いのは明白です。