• ホーム
  • やはり気になるのがプロペシアの効き目

やはり気になるのがプロペシアの効き目

禿頭の男性と鏡

発毛治療のガイドラインでも高い効果があるとして推奨されているのがプロペシアです。
以前は回復が困難と考えられていたAGAから改善する為にも有効とされています。
AGAの改善効果に関しては臨床試験でも確認されており、医学的にも効果の高さはお墨付きです。
プロペシアの効果のメカニズムは特定の還元酵素を抑制することによる脱毛の防止です。
還元酵素がAGAの元になっている脱毛物質を誕生させる要因になっていますが、プロペシアはその問題の物質を生成させないように予防することができますので、結果的に脱毛を抑制して発毛し易くさせられます。
しかしプロペシアは万能な薬というわけでもないことを理解しておいた方が良いでしょう。
まず脱毛物質を生成する要因となっている還元酵素にはI型とII型がありますが、プロペシアはII型の方を抑制してくれる薬ですのでI型による薄毛の場合ですと効き目がありません。
その為、脱毛原因次第では効果が出ないことがあるのです。
プロペシアは発毛効果がないという短所もあります。
この薬を飲むことで発毛することもありますが、しかしそれは薬による作用ではなく、脱毛物質が抑制されたことで発毛し易くなったのが理由です。
プロペシアには根本的に発毛成分が入っていませんので、あくまでも脱毛物質を抑制するという目的に使用することになります。
発毛作用がない為に服用をしていても改善がされない可能性もありますが、そういった時には発毛薬を同時に使用することが推奨されています。
発毛作用を持たないプロペシアの弱点を発毛薬でカバーすれば回復効果もアップしますので、特に薄毛の進行が顕著になっている時などは病院でも併せて処方されることが殆どです。