お知らせ
    白い薬を持っている男性

    プロペシアはAGA治療に効果が認められ、日本でも厚生労働省に認可された医薬品です。
    ドラッグストアなどで販売される育毛剤は、頭皮に塗ることで有効成分が皮膚から浸透して髪の毛を成長させるものですが、プロペシアは錠剤となっていて「飲む発毛剤」と言われています。
    発毛や育毛に関わらず、病気の治療など体に作用するものは、塗り薬よりの経口薬の方が効果は高いのが通説です。
    プロペシアも同様に飲むことで体内に作用して、効果的な発毛が可能となっています。
    主要成分はフィナステリドと呼ばれるもので、本来は前立腺肥大症の治療薬として開発されたのですが、使用者の中からAGAの症状が改善されたことを発見して転用されたのが始まりです。
    前立腺肥大症は男性特有の病気で、その原因は未解明ながら男性ホルモンが大きく影響していると言われています。
    そこで男性ホルモンに作用するフィナステリドが開発されたのですが、同じように男性ホルモンによって抜け毛が進行するAGAに効果が出ることが分かったのです。
    AGAは男性ホルモンの一種であるDHTによって引き起こされますが、この物質が作られるには男性ホルモンのテストステロンと5α還元酵素が結合する必要があり、プロペシアは5α還元酵素の2型の働きを阻害する作用があることから、DHTの生成を抑制することができます。
    最初の目的とされた前立腺肥大症の改善にも利用することができますが、現在ではAGA治療薬として主に使用されています。
    国内販売では0.2mgと1.0mgの2つの規格が存在し、必要量に応じて処方されますが、1日の摂取上限は1mgとされます。
    効果は飲んでいる間だけのため、AGAの改善が実感できるまで継続して飲み続けることが必要となっています。

    最近の投稿
      アーカイブ